REPORT取材日記

No.006 殿様キッチンハウス

2021.08.26

今回は殿様キッチンハウスさんに伺います。車で『市民プラザかぞ』の前を走る加須鴻巣線を鴻巣方面に進み、踏切を超えると右手に見える「殿」の文字。そう、あのお店です!

踏切を超えて1つ目の信号を過ぎた次の十字路を右折します。



すると、すぐ右の広い空地に「美味しいランチやってます」というのぼりとお店の看板が。この空地が駐車場みたい。



数台停まっていた車にならって停めると、奥にも看板と小道があったので、道(?)なりに進んでみます。

もしや、勝手に人様の家のお庭に侵入しているんじゃ…とドキドキしながらも進んでいくと、入口がありました。良かった!



ドアを開けたところでアルコール消毒。
先にいた2人連れのお客様が帰った後は、スタッフの方がすぐに席まわりをアルコール消毒していてコロナ対策は万全です。





暗めの照明とウッディなインテリアで”大人っぽいんだけど暗くはない”絶妙な雰囲気の店内。
座席はカウンターの他、テーブルが一つ、座敷が二つ。
カウンターに座ると、目の前の小さな掲示板におすすめが書かれていました。(おすすめは毎月更新)


おすすめ掲示板


ランチメニュー(表)


ランチメニュー(裏)


左側は夜のおすすめで、今は休業中のためやっていないとのことで、右側の「えびとミニホタテのアジアンパスタ(冷製)」とサラダ、ドリンク、デザートにティラミスをオーダーすると、「ふルふるセットにしておきますね!」とセットにしてくれました。



すぐにサラダが運ばれてきました。3種類から選べるドレッシングはすべて自家製です。
「今日は暑いのでさっぱりどうですか?」というスタッフの方のおすすめで選んだ梅ドレッシングは
酸っぱすぎなくて美味し〜い!程よく甘いけど、よくある甘い梅の味でもなくて、フルーティーな後味。
なんの味?と思いながらあっという間に食べてしまいました。

 

ほどなくパスタが運ばれてきました。
大きなエビが2尾、上にどーんと乗っています。三つ葉、たっぷりのゴマと、ゴロゴロ入ったホタテの貝柱。
冷たくギュッと締まった細麺に、スイートチリソースが効いたエスニックなソースがよく絡んで、いわゆる”パスタ”とは一線を画す未体験の美味しさです。

店内右奥のキッチンスペースにいらっしゃったマスターに話を伺うと
「うちは創作イタリアンなので、古典の味ではありませんが、メニューは豊富にご用意しています。
和食の丼をパスタでやっている感覚です。”今日は(しっかり)食べたいな”と思って来てくださるお客様に、量も味も満足してもらえたら。」
とのこと。なるほど、これだけのメニューがあればオーソドックスめのメニューも選べるし、あえてわからないものを選んで未知との遭遇を楽しむのも面白いです!



そして最後に運ばれてきたティラミスにちょっとびっくり。なんとなく構えていたら、こちらは古典でオーソドックスな王道の味!
でも、マスカルポーネのなめらかさとココアパウダーのほろ苦さがたまらない中に、意表をつく歯ごたえが。砕いたナッツかな?と思ったら
「チョコレートケーキの中に入っているチョコレートです」とのこと。
チョコレートチャンクかぁ。この歯ごたえがなんとも絶妙で美味しい〜✨
「料理って、食感が大切だと思うんですよ。食感が面白いと料理が楽しめるから(マスター)。
本当にそうですね。実際に、このティラミスは大人気で、某サイトには”とりあえず殿様いったらティラミス食べとけ” 的コメントがいっぱいでした笑。



この「殿様キッチンハウス」さん。お話を伺っているとワイン、日本酒からウイスキーまでお酒に対するこだわりがすごい!そしてお酒にあう料理にも。通常営業に戻ったら、ぜひ夜も来てみたくなりました。

「はじめは入りにくいかもしれませんが、ぜひ気軽にご来店ください!」とマスター。
客層はファミリー、オトナなご夫婦、若いカップル、学生同士(高校生も!)など実に様々だそうなので、
”気になっていたけど、行ったことがない”という方は、この機会にぜひ一度「殿様キッチンハウス」のワンダーな世界を楽しんでみてください!

 



  〜Information〜
店名 殿様キッチンハウス
電話 0480-61-3253
住所 〒347-0045 埼玉県加須市富士見町9-13
営業時間 ランチ/8月中は日曜を除く毎日 11:30〜15:00(L.O.14:30)※通常は月・火・水のみ ※8/31まではランチのみ(9月以降はお問い合わせください)
定休日 日曜日
公式インスタグラム https://www.instagram.com/kitchenhousetonosama/


 

3ごう@はなまる加須

  • 項目の入力
  • 入力内容の確認
  • 送信完了
  • コメントを書く
  • ハンドルネーム
【注意事項】
●ライター様の記事に対する「応援コメント」をお願いします。誹謗中傷や相応しくないコメントについては削除対象となる場合がございます。

WRITERこの記事の投稿者

はなまる加須事務局

他の記事を見る